Japan
Ecology Fishing
Federation

■トップページ


■JEFニュース


■日本釣り環境保全連盟は
   何をしているの?

 ・JEFの目的


 ・今までの活動報告


 
・今年度の事業予定


 ・役員名簿


 ・賛助会員名簿


 ・維持会員名簿



■湖沼河川の湖底清掃


■各地の清掃活動


■フィッシング・エコ学園


■フィッシング・エコ・リーダー
     資格試験



■お問い合わせ






特定非営利活動促進法に基づく活動を充実させて、きれいな釣り場環境を次世代に引き継ぐことを改めて使命とし、青少年の釣り体験活動及び湖沼等の清掃活動を重点としたい。

1.釣り環境保全リーダー事業
今年度も釣り環境保全リーダーを育成し、釣り大会に併せて釣り環境保全リーダーによる環境保全講習会を開催し、釣り大会参加者に釣り場の環境保全の重要性を啓発していきたい。

2.青少年健全育成事業
例年、NBCチャプター、一般社団法人 全日本釣り団体協議会 釣りインストラクター連絡機構の協力のもと、、釣りと環境保全の教室を全国展開してきたが、今年度は新型コロナウイルス感染症拡大の影響を鑑みて中止。来年度に向けて準備中。

3.釣り場清掃事業
湖底清掃については、これまでのダイバーによる水中清掃の状況等を踏まえながら、清掃箇所を決定し湖底のゴミを回収したい。
また、全国NBCチャプターの協力のもと、本年度もトーナメント終了時の、釣り場の清掃を徹底していきたい。

4.釣り基金受託事業
釣り場環境を向上させるための基金の助成金受託事業を行い、釣りの発展につながる活動や釣り場の整備活動を推進したい。

5.その他の事業
新たに世界的に問題になっているマイクロプラスチックを減らすために。「STOP!マイクロプラスチック委員会」を立ち上げて全国47都道府県に支部を設置して活動を開始。


 
Copyright(C) JEF All Rights Reserved