Japan
Ecology Fishing
Federation

トップページ  JEFニュース  前のページに戻る

環境にやさしいルアー作り  

    釣り体験2010!
 各会場レポート-3

13・東条湖 (兵庫県加東市)

午前中に、ポークルアー作りと実釣をしました。
実釣では参加者全員がポークルアーで釣れました。
多くの魚が釣れた事で、子どもたちは楽しめたようです。
午後は、屋内で環境学習をし、釣り場の清掃活動をしました。

    


    


14・地蔵寺川 アメゴ養殖場 (高知県土佐町)

この活動を通して、釣りの楽しみを体感してもらうだけでなく、『この町に生まれて良かった』『お父さんお母さんの子どもに生まれて良かった』と思える事により、良識ある釣りファンの増加、釣り環境の保全はもちろんのこと、地域を愛し家族や仲間との絆を深めるきっかけ作りにつながる事によって、継続可能なシステムが確立されていくものと考えています。

    


    


15・三瀬谷ダム (三重県大台町)

早朝6:00頃から参加者が集まり、受付時間を早めての開催になり、たいへん盛り上がった『環境にやさしいルアー作り&釣り体験2010!』になりました。
ポークルアーの素材も子どもの発想でいろいろな形にハサミを入れ、1時間が2時間と、時間も忘れ作業をしていました。
エコ(環境)についての話しも、質問等が出るほどに熱心に聞いてもらいました。
釣りもゴミ回収も、暑い中を一生懸命にし、帰り時間も16:00になるほどでした。

    


16・立岡自然公園 (熊本県宇土市)

今年のような猛暑の中での釣り教室は、子どもにはなかなか厳しいものがありました。
暑さ対策として、大型扇風機を用意しました。

    


    


17・仙台港中央公園 (宮城県仙台市)

雨天のため、先に釣りをしました。ライン(釣り糸)の結び方・キャスティングは、練習して覚えてもらいました。
昼食をはさんでルアー作り。これは毎年子どもは夢中になって作るのですが、今年も同様にみなさん夢中でした。引き続き天気の様子をみながら、自作ルアーで釣りをしました。

    


    


18・鷹巣漁港 (福井県福井市)

当日は、天気は良かったのですが、たいへん風が強く開催を中止しようかとも思いましたが、徐々に風が治まり実施する事が出来ました。
今回は、昨年に続いて参加していただいた方と、初めて参加していただいた方とが半々程度でしたが、特に問題なく出来ました。
魚の方はよく釣れて、1匹も釣れない人は居ないほど沢山釣ることができ、釣果としては良かったと思います。
また、事故や怪我も無く予定時間の15時まで実施する事が出来たので安心しました。

    


    

この活動は、『子どもゆめ基金』の助成金の交付を受けて行っているものです。
各会場レポート   <  前へ
  


Copyright(C)2010 JEF All Rights Reserved