Japan
Ecology Fishing
Federation

トップページ  JEFニュース  前のページに戻る

夏休み釣り体験
環境にやさしいルアー作り2008!
 各会場レポート-3

16・東条湖

事前告知が甘かったと思います。
来年は募集方法と開催時期の再考が必要だと思います。
天候は、猛暑であったがテントの設営などで対応できました。

    


17・北山湖

釣り環境に対する話しから始めた。今回の参加者は、まったくの初心者ではなく経験者であり、話し自体はスムーズに進む。その後、ポーク素材を使用したルアー作りに入る。最初の内は現場に応じたルアーの形が分からず戸惑いのあった参加者だったが、講師の適切な説明により、スムーズに作成される。
その後、当フィールドでの実技の話しに移る。
実釣には桟橋を使用して講習する。かなり熱をおびた講習となった。

    


18・大分農業文化公園

まず第一に子ども達が楽しそうにルアーを作るのが印象的でした。それからエコ製品等の解説、その必要性を説明した上で釣りです‥
心配した釣果の方も良く、いろんな形にカットされていくルアーをみると、あらためて子どもの想像力におどろかされました。
どんな形にカットしてもそれなりに魚の反応があり、最後までみんな集中して楽しんでいましたよ!

    


19・宮城アングラーズヴィレッジ

参加者には、講師がマンツーマンで道具の説明、キャストの仕方などをレクチャー。
ポークルアーについては、素材の説明、取り扱い方、環境に優しいルアーとしてのメリットなどを説明。
午後からは、実際にハサミでカットしたポークルアーで実釣をした。

参加者の感想:
『いっぱい釣れて楽しかったです。また釣りしたいです。』『お父さんと釣りが出来て嬉しかった、また来たい。』『掛かった時の魚の引きがドキドキして良かった。ポークルアーでも釣れたので良かった。』『最初は全然投げられなかったけど、教えてもらって自分ひとりで投げられるようになったし、釣れたので面白かったです。』『暑かった。お父さんと一緒で嬉しかった。』

子ども達や保護者の方々も、釣りを通じてスキンシップが取れたと言っていましたので、今回のみで終わらず、来年度も継続して釣り教室を行っていきたいと思いました。

    


20・高滝湖

ルアー作りは、皆楽しそうに作っていました。
実釣は、真夏と言う事もあり、バスは釣れませんでした。
(ブルーギルは入れ食いでした。)
釣りが終了した後は、差し入れのスイカを食べながら、高滝湖観光企業組合の方の昔の高滝ダムの話しを聞きました。

    


21・琵琶湖

子ども達のポークルアー作りは、大変楽しそうにポークシートを切りながら、いろんな形を作っていました。
実釣では、ウィード(水草)のためほとんど釣りにならない中、必死に釣りをされていました。

   ・読売新聞 2008年8月23日 土曜日版

    


22・津風呂湖

釣りに対してのレクチャーの後は、環境にやさしいルアー作りです。
出来上がったルアーで、エコリーダーの講師の皆さんと参加者の子供さんが、桟橋周辺で実際に釣りに出てみました。初めての魚釣りって子供さんも多かったのですが、見事に多くの子供さんに魚を釣っていただけました。

みんなの笑顔がとても印象的でした。最初は恐る恐るって感じの子供さんもいましたが、お父さんと一緒に釣りを楽しめたかな? 姉妹で参加!女の子もいっぱい釣れました。

最後は周辺のゴミ拾いを行い、釣り体験で使用したタックルのプレゼント!
また別の機会でも釣りを楽しんで頂ける事が出来れば幸いです。

釣り体験が終了後に感想を聞かせていただき、多くの子供さんに楽しんで頂けたようで、講師一同安心しました。なんと言っても今回が初めての開催で、なかなかスムーズな運営が出来ずに参加者の方にはご迷惑をお掛けしました。皆さんのご協力で事故も無く終了出来ましたこと、お礼申し上げます。今回の反省を2回目3回目に活かしていきたいので、また皆さんのご協力をよろしくお願いします。

    


23・弥栄湖

当日は大変天気も良く、午前中は良好な釣り日和でした。
まず始めに、ポークルアーの作成をしました。
その後、作成したポークルアーを使っての実釣を行い、初めて釣りをする子や、釣れたバスを見て喜ぶ子等、楽しい時間を過ごしました。

     


24・旧吉野川 今切スロープ

暑い中、子ども達、保護者の方々も大変楽しんで頂けました。事故や病気もなく無事終了しました。今回が釣り初体験という子どももいましたが、これからもやりたいという声が多く聞かれました。大成功だったと思います。

    


25・秋田マリーナ

秋田マリーナクラブハウス内にて、環境について講演、及び環境にやさしいルアー作り。
ポークルアーを作り終えた後、作ったポークルアーを使い実釣です。
実釣場所は、クラブハウスの目の前のマリーナ桟橋付近です。

ミニ釣り大会として、大きい魚と数を多く釣ったお子さんに、
つり竿とリールのセットをプレゼント。
全員にご協賛頂いた釣り具を配り&ジャンケン大会。
なんとか、無事にイベントを終える事が出来ました。
熱い中、頑張って参加して頂いた皆様有り難う御座います。

    


26・八幡平トラウト・ガーデン

開会式を行い、その後、『環境学習・釣り場での安全・環境にやさしい釣り・エコルアーについて』等、勉強しました。続いて、『ポークルアー作り』を行い、午前の部を終了し昼食。
午後は実釣を行い、あちらこちらで釣れる度、歓声があがった。全員が3匹以上の釣果を得て終了しました。
周辺の清掃活動の後、閉会式。

    


この活動は、『子どもゆめ基金』の助成金の交付を受けて行っているものです。
各会場レポート   <  前へ 次へ  >
  


Copyright(C)2008 JEF All Rights Reserved