Japan
Ecology Fishing
Federation

トップページ  JEFニュース  前のページに戻る

平成27年度河口湖湖底清掃報告(2015年11月15日)第50回

認定NPO法人日本釣り環境保全連盟は、平成27年11月15日(日)にダイバーによる河口湖湖底清掃活動を実施しました。今回は河口湖東側水域(ロイヤルワンド周辺)の湖底の清掃、及び水際(水深0〜1m)の清掃をしました。


河口湖をきれいにしよう!

前日から雨降りで、潜水準備当初は気温も低かったのですが、1本目の作業が終了し、2本目の潜水作業を始める頃には天気も徐々に回復し、雲の合間から日差しと青空も出てきて、朝とは別世界の様な快晴になりはじめました。
気温も時間を追うごとに上昇し、湖畔は「小春日和」のような暖かな気温となりました。

昨年のロイヤルワンドでは、水中に水草が多く視界が悪かった為に、湖底ゴミを探すのに時間が掛かりましたが、今年は昨年と同じ時期の作業であるのに、不思議と水草が切れていて、湖底の露出部分も多くなり、ゴミの回収もスムーズに行うことが出来ました。

露出した湖底には、相変わらず釣り具類(ハードルアー、ワーム、ライン)が多く見受けられました。
また、今までに回収しきれなかった、古いビンや缶、瀬戸物類も回収することが出来ました。
ただ、かなりの量のワーム類を回収したのですが、一緒に付いているラインの多くが「高切れ(根掛かりしたラインを長めに切っている)」していて、その浮遊しているラインがダイバーの機材に絡みつき、作業をするにあたり非常に大変でした。

水際の清掃は、ウエーダー(胴付長靴)を履いての作業です。良く目を凝らしゴミを見つけてトング(火ばさみ)を使い水中のゴミを回収しました。

今回は、61kg ものゴミを回収することができました。


湖底清掃用意

ダイバー清掃開始

水際も清掃開始

岩の隙間のゴミを回収

水中の様子

ヘドロをかぶったワーム

こちらもワーム

水面から見るとこんな感じ

 作業実施日  平成27年11月15日(日曜日)
 当日の天候  雨のち晴れ
 気 温  早朝:16.0℃ - 11時:18℃
 水 温  13.0℃
 作業箇所  河口湖東側溶岩帯(ロイヤルワンド周辺)
 作業開始時間  午前  8:00
 作業終了時間  午後 13:20
 潜水作業時間  145分 (50分+45分+50分)
 作業内容  湖底・水際に放置されたゴミの回収作業

 作業スタッフ
 潜水作業班  3名(潜水士有資格者2名)
 船舶監視班  1名(船舶1艇)
 陸上水際班  8名(水際作業4名)

 ゴミ回収量
 ビン類 8,390g  
 缶 類 1,635g  
 ワーム類 8,845g  
 ハードルアー類 1,925g  
 可燃物 5,075g  
 粗大ゴミ(パレット・鉄棒他) 35,505g  
 合 計 61,375g  
 協 力  総合学園ヒューマンアカデミー富士河口湖校
 助 成  公益財団法人やまなし環境財団
 取 材  毎日新聞 平成27年11月17日版


ダイバーが戻る

手にはゴミが

仕分け開始

ライン・フックが絡まっている

色々なゴミが

ワームが多い
  

Copyright(C)2015 JEF All Rights Reserved