Japan
Ecology Fishing
Federation

トップページ  JEFニュース  前のページに戻る

10/15 琵琶湖湖底清掃 !!

10月15日(日)『NPO法人 日本釣り環境保全連盟』主催による『2006ダイバーによる琵琶湖湖底クリーンアップ作戦!』を実施しました。
    琵琶湖の湖の中を16名のダイバーが潜水してきれいにしました。
          琵琶湖湖底から、134kg ものゴミを回収 !!


     ※ 写真レポートはこちら
     ※ ダイバーのスナップショットはこちら
     ※ ダイバーからの報告はこちら
     ・中日新聞 2006年10月16日 月曜日版
     ・『月刊ダイバー』 Diver 2006 Dec.12

     

   『2006ダイバーによる琵琶湖湖底クリーンアップ作戦!』実施要項
 実施内容  ダイバーによる琵琶湖湖底クリーンアップ
 日 時  平成18年10月15日(日)
 場 所  滋賀県大津市周辺の琵琶湖湖底
   大津プリンスホテル東 由美浜
 参加者  30名(内 ダイバー16名)
 主 催  NPO法人 日本釣り環境保全連盟
 助 成  全国労働者共済生活協同組合連合会
 協 力  大津市環境美化センター
 活動目的 地上で直ぐ目に付くゴミと違い、水の中に捨てられたビン缶や、釣りの時水中で根掛りした釣り糸・疑似餌は、地上からは見えないので普通では気がつかずそのまま放置されています。当連盟では、ビン缶や釣り糸・疑似餌等の釣り具のゴミが、これまで無視され水中に放置され続けていることに危機感を持ち、少しでも水質悪化を食い止め水中環境が改善されればと、2002年度よりダイバーによる滋賀県琵琶湖の湖底清掃を開始し、これまで4年間に計18日間の琵琶湖の湖底清掃作業を実施しました。
しかし、琵琶湖は規模も大きく訪れる人も多いため、ゴミの回収が追いつかない状態です。そこで、大規模に湖底清掃キャンペーンを実施することで、より多くのゴミを回収し、しかも一般の人々に湖底からの大量のゴミを見てもらい、琵琶湖の湖底の現状を知っていただき、環境保全の重要性をアピールすることが目的です。
 取材報道機関  毎日放送
 中日新聞 2006年10月16日 月曜日版

     

   『2006ダイバーによる琵琶湖湖底クリーンアップ作戦!』清掃作業報告
 作業実施日  平成18年10月15日(日)
 当日の天候  晴れ、気温 25℃ / 水温 23℃
 清掃ポイント  大津プリンスホテル東 由美浜周辺
 作業内容  湖底に放置されたゴミの回収作業
 潜水回数  延べ潜水 32本(回)
 作業スタッフ  潜水班(ダイバー)  16名
 船舶監視班       1名
  陸上班         13名 
  計           30名

 回収ゴミ結果
 ビン類 3,080g  
 缶 類 3,882g  
 ワーム類 1,334g  
 ハードルアー類 1,854g  
 可燃物 20,268g  
 粗大ゴミ・その他のゴミ 103,801g  
 合 計 134,219g  
※ 10月14日(土)・16日(月)にも湖底清掃作業を行い、釣り具・自転車・ゴミ箱等の
   ゴミを回収しました。14日〜16日( 3日間 )の合計ゴミ回収量は 193kg です。

     

当日は天気も良く水温も23度と温かく、潜水作業が終るまでは風も穏やかで、絶好のダイビング日和となりました。
ダイバーは、琵琶湖周辺の方はもちろん、遠くは高知県・神奈川県からの参加者もいました。当初は、ダイバーの参加者は10名位かなと思っておりましたが、16名ものダイバーの参加者があり、ダイバーの環境意識の高さに感心しました。

参加者のほとんどの方は淡水での潜水経験がなかったので、潜水前に淡水での注意、また湖底の状況を十分に説明してから湖底清掃作業を開始しました。今回の清掃箇所の琵琶湖の南側は透明度が悪く、しかも水草が以上に多く身動きが良くできない最悪の状況に、普段きれいな海で潜水をされているダイバーの方々は驚かれたようです。参加ダイバーは全員2本のダイブをしました。1本目は、湖底に慣れるための潜水でしたので、あまりゴミは回収できませんでしたが、2本目はたくさんのゴミを入れた袋を持って陸上に戻ってきました。3メートルくらいはある鉄の棒を回収してきた方もいました。ゴミは、ビン・缶・釣り具・生活ゴミ等があり、合計で134kgにもなりました。

陸上のゴミは目に付くので清掃も頻繁に行われます。しかし、水中のゴミは見えないのでそのまま放置されてしまいますので、これからも継続して水中の清掃活動を実施して行かなければと思いました。


 ※ 琵琶湖湖底クリーンアップ作戦! 写真レポート
 ※ ダイバーのスナップショット ← こちらをクリック
 ※ ダイバーからの報告

  

Copyright(C)2006 JEF All Rights Reserved